心臓ドックで心臓病を早期発見~定期検診が重要~

病棟

循環器内科の心臓病の治療

看護師

循環器内科は、狭心症や心筋梗塞などの心臓病の専門的な治療を行っている診療科目である。最近の循環器内科は禁煙外来を設けている病院が多く、健康保険証を使った禁煙治療が受けられる。循環器内科ではホルター24時間心電図検査や、簡易型睡眠時無呼吸検査などの精密検査を受けることが可能である。

読んでみよう

心臓病の最新の診断方法

医者

注目を集めている理由

心臓発作などが急に発生したりする症状が多く見られる心臓に関わる病気では、なかなか他の診断方法では見付けにくい場合があります。しかし、心臓に関わる病気は、早期に発見する事によって、そのような発作症状を事前に予防する事が可能である事が分かっています。そこで現在、最も心臓に関わる病気を早期に発見する診断方法として心臓ドックが多くの人の注目を集めています。その理由としては、他の診断方法で見付けられなかった心臓の病気が見つかったり、他の診断方法とは違って短時間で診断結果を知る事が出来るなどの利点がある事が挙げられます。また、心臓ドックの専用の施設となると、3Dで見られる心臓ドックがあると言われています。

受ける際の利点と不利点

狭心症や心筋梗塞などの心臓に関わる病気を早期発見してくれる心臓ドックですが、受ける際にはやはり、メリットやデメリットが気になるものです。これから、心臓ドックを受ける際のメリットやデメリットについて説明していきます。診断を受けるメリットとしては、他の診断方法と比べると検診費が軽く、短時間で診断結果が出る事や、他の診断では見付けにくい場合でも見付ける事が出来るという事が挙げられます。デメリットとしては、検査を受ける前には事前に予約が必要な事が多く、アルコールを摂取してはいけないといった制限がかかる事です。このようなメリットとデメリットを理解した上で心臓ドックの検診を受けるようにすると良いでしょう。

原因はストレス

花

メニエール病とは平衡感覚と聞こえに問題が生じる病気ですが、内耳のリンパ水腫がその正体と言われています。その原因は、医学的には解明されていませんが、統計学上、原因はストレスと判明しています。30代後半からの発症、ストレスを感じる人が圧倒的多数であることが根拠です。

読んでみよう

心身の不調改善のために

女性

女性の9割の人が何らかの不調を感じると言われている更年期障害ですが、早めに対策を行うことで症状を軽減したり、いつの間にか更年期が終わっていたというようなソフトランディングを行うことも可能です。症状が出る前から対策を行っていきましょう。

読んでみよう