心臓ドックで心臓病を早期発見~定期検診が重要~

医療器具

原因はストレス

花

病気の特徴

目がぐるぐる回るような感覚で立つこともできないようなめまい、難聴、耳鳴り、耳の閉塞感の症状が同時に起こる病気のことをメニエール病と呼ばれています。まとめると、めまいと聴覚障害の2つが生じてしまうのです。このメニエール病は耳の病気です。耳には、外耳、中耳、内耳とあり、それぞれ役割を果たしています。そして、耳は平衡感覚の維持と聞こえの二大機能があり、内耳にはこれらを維持する機関として前庭、蝸牛という組織があります。したがって、内耳に異常が生じてしまうと、平衡感覚を失い、聴覚に影響が出てしまうのです。先ほど申し上げましためまいと聴覚障害ですね。では、メニエール病の正体とは何かと申しますと、内耳に含まれるリンパ液が増加しすぎることによって、内耳の感覚細胞が損傷されることを意味します。

統計上の特徴

メニエール病の原因に関しては、現段階でははっきりとは解明されておらず、難病指定されています。しかし、患者の統計データから、いくつか特徴が見出されています。まず、発症年齢ですが、30代後半から50代にかけて多くなっています。30代後半は、職場や家庭で責任ある立場になることが多く、またストレスへの対応力が落ちてくる時期でもあります。また、ストレスを感じている方が圧倒的多数なのも特徴です。これらの統計は、メニエール病がストレスとの関連が深いことを意味している重要な統計です。女性の場合は、家族や近隣トラブルによるストレス、男性の場合職場でのトラブルによるストレス、または無職であることのストレスによる発症が多くなっています。また、不眠症との併発が多いのも特徴。これらの統計データから、メニエール病の原因はストレスとそれによる生活習慣悪化というのが通説となっています。日々のストレス発散生活習慣改善なども意識しながら、また医療機関にも頼りながら解決していきましょう。