心臓ドックで心臓病を早期発見~定期検診が重要~

医療器具

心身の不調改善のために

女性

原因と対処法とは

40代後半ごろから起きてくる心身の不調を更年期障害と言います。妊娠出産という役割を終えて閉経を迎えつつある時期であり、女性の身体が大きく変化する時期に差し掛かってきたという合図でもあります。原因は女性ホルモンの分泌量が閉経のためにだんだんと減少してくることで、10年ほど心身の不調が続くと言われています。原因と更年期障害が発症する時期が解明されつつあるため、更年期障害になる前から対策を行うようにすることが出来るようになりました。女性ホルモンの分泌量の減少が更年期障害の原因ではありますが、全ての人が悩むわけではありません。正確や環境的なものが原因となり、様々な不調を発症してしまったり、症状が酷い人が出てしまうとも言われています。

どんな人がなりやすいのか

性格的には生真面目で「〜ねばならない」と思っている人ほど症状が発症したり、重くなってしまう可能性が高いと言われています。このような人は日常生活でのストレスがたまりやすいため、女性ホルモンの分泌量のバランスが崩れやすい傾向にあると言われています。閉経による女性ホルモンの分泌量の減少の影響を大きく受けやすくなってしまいます。そのため、対策としては「物事を軽く考えるようにする」という方法があります。また、ストレスを解消するように運動をしたり、しっかりと睡眠をとることも対策の一つになります。食生活の面でもコーヒーやアルコールと言った刺激物を抑えめにして、女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンが含まれた豆乳を飲むのも対策の一つになるでしょう。